ペラサイト激減とサイトの上位表示について

ペラサイトが無くなりました。綺麗に検索結果から消えてしまいました。グーグルのアルゴリズムの変更で、ペラサイトが減ったという事は、安易な外部リンクの施策が通用しない事を表しています。中身の薄いサイトは上位表示されないという意味です。そんな今、SEO対策で重要視されているのは内部対策です。SEO対策の内部対策とは、ユーザビリティやサイト内のボリュームアップ、コンテンツの質などです。要はサイトの改善です。サイト本来の力が試されているわけです。

サイトに力があれば、外部リンクも増えていきます。検索エンジンはこのような獲得が困難なリンクが貼られたサイトをより評価するようになったのです。ですから今サイトを運営していて上位表示を狙うなら、サイト内の充実を第一に考えるべきです。手っ取り早くサイトを上位に表示させるSEOのテクニックは、誰かがどこかで使っているかもしれません。しかしブラックハットSEOが効果的なのは一時的です。検索エンジンも進化しているわけですから、効果が持続する時間はどんどん減っていくでしょう。月並みですが、自然な流れに逆らうより、サイト内を充実させたほうが得策というわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ