上位表示させる為の記事は時間がかかります

長年サイトを運営しているとよくわかる事があります。手を抜いた記事は長持ちしません。ここで言う長持ちしないの意味とは、長期間アクセスにつながらないという意味です。つまり手を抜いた記事、コンテンツは、検索順位が上にまでいかないので、結果としてアクセスが無いまたは少ないのです。このような事は、サイトを立ち上げた当初には気が付かなかった事です。記事のタイトル一つ取ってみても違います。本文に見合った魅力的なタイトルなら、それだけで多くのネットユーザーの目につくきます。

その後、記事の本文が良ければ訪問したネットユーザー達の中の一部の人が、リピーターになってくれるかもしれないのです。このような事は、実際に自分がサイトを長く運営し、記事をたくさん書いて初めて感じる事です。僕がすぐにブログをやめていたらわからなかったでしょう。継続は力なりという言葉はウェブでも同じ事が言えるのです。1記事作成する時間を多く取り、時間をかければかけるほど、上位表示に近づきます。これは間違いありません。

手抜き記事でお茶を濁しているサイト運営者の方は、サイトを上位表示させるために、少しだけ手の込んだ記事を書いてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ