上位表示と難しい言葉や漢字

パソコンで文書をうっていますと、漢字の変換ですがかなり難しい感じも普通に変換できるでしょう。

例えば、「寛ぐ」なんて言葉もあります。

「くつろぐ」という言葉なのですが、漢字ではどう読むのかなかなか分からない方も実際に多いでしょう。

さらに「頷く」は「うなづく」というものになります。

漢字にするとなかなか理解できない言葉も出てきてしまいます。

以上のようなものですが、多くの方に見ていただきたい文章を制作するのでしたら、易しい言葉で記述するべきです。

いわゆる漢字で分かりにくいのなら、ひらがなを使うべきというわけです。

多くの方に呼んでいただきたい場合ということですので、上位表示にもかかわります。

あまりに内容が難しい文章は避けられる傾向になります。

ただ、専門的な内容の文書を書くケースもあるでしょう。

そういった時は仕方がありませんが、もしも難しい言葉を使いましたら、それを説明する文章も加えておくと良いです。

それだけでもかなり読みやすくなりまして、好感を持たれる可能性が高くなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ