上位表示をお店に例えてみる

自サイトが上位表示されるメリットとはなんでしょうか。

それは、知名度が上がり自サイトに多くの閲覧者が訪れてくれるというものです。

閲覧者が来ないサイトは、存在価値がないと言っても過言ではありません。

例えば、あなたがお店を出していたとします。

東京の一等地に出す店と、地方の山の中に出す店、どちらがお客さんが多く来るでしょうか。

答えはもちろん、東京の一等地です。

東京の一等地は人が多いので、たくさんの人の中にはあなたの店に訪れる人がきっといるでしょう。

その中には、口コミであなたの店の良さを伝えてくれる人がいるかもしれません。

口コミによって、来てくれる人もいるかもしれません。

一方、地方の山の中には、人がいません。

たまに歩いている人がいても、自分の店に興味を持ってくれるかすら分かりません。

店に入ってくれる人すらほとんどいないのです。

何のために店をしているのか、分かりません。

今の例えが、ネットでの検索結果と同じです。

東京の一等地=上位表示サイト、地方の山の中=下位表示サイトです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ