上位表示対策で目指す順位

検索結果の画面でユーザーが閲覧するのはほとんど1ページ目だけだということが知られています。

また、ある調査では、1ページ目の順位1位のクリック率は50%を超えるという結果が出ています。

つまり、上位表示の対策をとるなら、上位1ページ目に表示されなければほとんど意味はないということです。

さらに、仮に1ページ目に表示されても、順位1位がとれなければ、クリックされないことの方が多いということです。

したがって、上位表示対策はやるのであれば、徹底的にやらなければ、アクセスアップに効果はありません。

もし、1ページ目に表示させるのはどうにも難しいとなれば、上位表示をあきらめるのもひとつの選択です。

多くの労力と時間とお金を無駄にするよりはましだと言えます。

あきらめるのは嫌だという場合も、上位表示が難しければ、狙うキーワードの見直しをしたほうがいいでしょう。

常に自分のサイトの表示順位を観察し、上位1ページ目に入っているかをチェックするようにし、とるべき対策を検討するのが大切だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ