共起語を利用した上位表示

少し高度な上位表示の方法として、共起語の利用が挙げられます。

共起語とは、ターゲットとなるキーワードと頻繁に一緒に現れる語のことです。

例えば、「寿司」というキーワードに対して、「マグロ」、「ガリ」などが共起語となります。

この共起語をアンカーテキストにして、内部リンクを充実させると、上位表示効果があることが知られています。

つまり、「寿司」について書いたページから、「マグロ」、「ガリ」について書いたページに向けて、「マグロ」、「ガリ」というアンカーテキストのリンクを張るわけです。

なぜ、この方法で上位表示がされるのかについては正確なことは分かっていません。

しかし、おそらくは、関連ページへの充実したリンク集を備えていると検索エンジンは判断して高く評価しているのだろうと思います。

上位表示をしたいと思うと、どうしてもターゲットキーワードばかりに注目してしまいがちです。

しかし、共起語のようにターゲットキーワード以外が重要ということもあるのだと覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ