検索エンジンのアップデートと上位表示の関連

今まで上位に表示されていたサイトが急に順位が下がったというときは、ペンギンアップデートやパンダアップデートの影響を疑いましょう。

まずペンギンアップデートというのは、グーグルが行った悪質な被リンク集めへの対策のことです。

今まで、SEO業者などから被リンクを大量購入することでサイトの評価を上げて、上位表示を目指す手法が横行していました。

こういったサイトの順位がペンギンアップデートによって大幅に下げられました。

具体的な判定手法は公開されていませんが、短期間で大量に被リンクを得たサイト、似たようなアンカーテキストのリンクばかり集めているサイトが対象と考えられています。

パンダアップデートというのは、コンテンツの質が低いサイトへの対策のことです。

他サイトからのコピーばかりであったり、機械的に乱造したテキストばかりのサイトの順位が軒並み下がりました。

順位が下がったら、今までとってきた上位表示対策を見直し、ペンギン、パンダアップデートに違反しているものを削除しましょう。

その後、グーグルに申請を出せば、順位が回復する可能性があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ