内部対策

お客様のサイトのキーワードやコンテンツ内容を、再度見直すことで、クローラーがサイトを巡回しにきたときに、
狙っているキーワードやコンテンツが正しく評価されると、検索順位が上がりやすくなります。
被リンクの前に一度、サイト全体を見直してみましょう。また内部対策として、よく挙げられる項目をまとめてみました。

必ず対策しておきたい項目について

タイトルタグの設定 検索されて一番初めに目にするのがタイトルです。
上位表示したいキーワードをタイトルタグにいれるようにしましょう。
ディスクリプションの設定 タイトルタグ同様に検索され、一番初めに訪問者へ、アプローチする大切な文章です。最大文字数は、124文字となっております。長すぎると文章の途中で切れてしまいますので、124文字以内で、収めましょう。
h1タグの設定 タイトルタグの次にSEO対策で重要な箇所です。
上位表示したいキーワードをいれるようにしましょう。
テキスト量について 1ページのテキスト量は、350文字~500文字程度がお奨めです。
少なすぎず、多すぎずオリジナル記事で記述しましょう。
※経験上となりますので、文字数は更新される可能性があります。
サイト更新頻度について サイトの更新は、こまめにメンテナンスされているサイトを検索エンジンは好みます。
1週間に1度は更新するようにしましょう。
パンくずについて 訪問者がどこにいるかわからなくならないようにパンくずリストの作成をしましょう。
例)TOP>内部対策

以上の6項目を、意識した上で、サイト構築をしてみてください。

その他については、「これからはじめる SEO内部対策の教科書」がお奨めです。

サービスのお申し込みはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ