ターゲットキーワードばかりの被リンクは危険

被リンクはとにかく増やせばいいというものではありません。

例えば、重複コンテンツばかりのサイトからの被リンクはむしろサイトの評価の低下につながる可能性があります。

他にも、ターゲットとなるキーワードをアンカーテキストに含む被リンクが多すぎるのもよくありません。

近年の検索エンジンは通常に運営されていればありえないほど被リンクにおけるターゲットキーワードの出現率が高い場合、そのサイトを低く評価する傾向にあります。

これは、悪質なSEO業者が組織的にターゲットキーワードばかりを含むリンクを大量生成することで、ターゲットキーワードでの検索順位を上げようとするのを防ぐための措置です。

少し考えてみれば分かることですが、通常の運営をしているサイトであれば、そのサイト名や記事名でリンクされることが多く、特定のキーワードばかりでリンクされることはないわけです。

このキーワードで上位表示されたいというキーワードがあるにせよ、あまりそのキーワードを意識しすぎず、自然な被リンクが増えるのを待つことが大事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ