リンク集からの被リンクのリスク

検索エンジンの進歩とともに、被リンク集めのあり方も変化してきています。

以前は被リンクは多ければ多いほどよいとされてきましたが、最近の検索エンジンは被リンクの質を非常に重視するように変わってきています。

その最たる例がペンギンアップデートでしょう。

このアップデートでは、異様に発リンク数の多いサイトがスパムサイトとして、厳しい処置をとられてしまいました。

また、アンカーテキストを自作し、狙ったキーワードの出現率を高めようとしたサイトもペナルティ対象となりました。

自作自演の被リンク集めをしていたような人がペナルティを受けるのは自業自得ですが、自作自演していなくても巻き添えを食う可能性があります。

それは、リンク集への登録をしていた場合です。

スパムサイトを量産し、被リンクを増やそうとしたと検索エンジンから疑われてしまいます。

リンク集からの被リンクの価値は年々下がっており、リスクばかりが高まっていますから、登録しないほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ