昔と比べ被リンクの価値が下がっています

昔と比べ被リンクの価値が下がったという意味ですが、質の悪い被リンクの価値が暴落しました。例えば無料リンク集のリンク、関連性の低いサイト同士の相互リンクです。グーグルの前のアップデートで、誰でも簡単に集められる被リンクで外部対策していたサイトは順位を大きく下げました。多分この傾向は当分続くでしょう。グーグルはここが弱点でしたが、弱点克服に成功しています。ペラサイトが激減したわけですから成功でしょう。

この被リンクの価値の下落を好意的に捉えるなら、サイトの記事がしっかりしていれば、高順位をキープ出来るといった答えが出ます。非好意的に捉えるなら、手っ取り早く上位表示させられなくなった、手間がかかるようになったといった感じでしょう。捉え方は人それぞれですが、個人的には喜ばしい事です。サイト内勝負なわけです。難しい施策や被リンク構築のノウハウを知らなくても、上位が狙えるわけですから(ビッグキーワードで上位表示を狙う場合はやはり被リンクは必要です。)良い傾向です。

という事で、被リンクの施策も構いませんが、その前に内部対策でサイト内のコンテンツやユーザビリティを見直したほうが良いです。被リンクの価値が下がったという事は、自然と内部対策の価値が上がったわけです。それならば内部対策にも力を入れるべきでしょう。この事実にすぐに気がついているサイト運営者ほど、良サイトを構築運営し、ナチュラルリンクを狙っています。ホワイトハットでいきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ