社会常識に則った被リンク集めを

被リンクを集める方法はいろいろな人がいろいろなものを編み出してきました。

どの方法にも一長一短がありますが、ここではあまりおすすめできない方法を紹介し、注意を促したいと思います。

まず、WikipediaやQ&Aサイトで自社のサイトリンクを張り、被リンクを捏造するやり方です。

そもそも、nofollow属性がついているので、被リンクとしての意味が無いのですが、レベルの低い業者に依頼すると、このような対策をとってしまうことがあります。

これは、効果がないどころか、自社のブランドイメージを傷つけることにもなりません。

被リンクを増やしてアクセスをアップさせることと、自社への信頼性と、どちらが大切かよく考えたほうがいいでしょう。

また、クラウドソーシングサービスなどに登録し、自社のマイページからリンクを張るというやり方もあります。

もちろん、そのクラウドソーシングサイトをちゃんと利用しているのならいいのですが、利用もせずに、被リンク目的で使用するのは、道徳的問題があります。

非常識な企業であるとアピールするだけの結果になりかねません。

被リンク集めは社会常識に則ったやり方でやるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ