被リンクにおけるクラスCのIP分散とは

クラスCのIPアドレス分散が大切であると言われるようになりました。

これはグーグルが、クラスCで分散されたIPアドレスを持つサイトからの被リンクを高く評価する、というアルゴリズムで特許をとったためです。

そもそも、IPアドレスは何かというと、サイトのWebにおける所在地のことです。

クラスCというのは、IPアドレスの右から2番目の数値部分のことです。

普通、組織がIPアドレスを入手する際は、何らかのクラスごとに一括して、IPアドレスを入手し、管理します。

したがって、同じ組織で運営されているサイトはたとえ、ドメインやIPが異なっても、クラスCは同一であることがほとんどです。

つまり、グーグルは、クラスCで分散されているかを確認することで、同一組織が運営しているサイトでないことを確認しようとしているということです。

自然な被リンクであれば、クラスCのIPアドレス分散は自動的に達成されます。

クラスCのIPアドレス分散を意識する必要があるのは、被リンク売買業者だけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ