被リンクを集めるならIP分散に気をつけて

被リンクに関してやや高度な話になりますが、大量の被リンクを集めようと思っている方はIP分散という言葉について知っておくのが望ましいです。

IPというのはサイトの住所のようなものですが、同一市内の郵便番号が似たようなものになるのと同じように、運営している組織が近いと、サイトのIPも似たようなものになります。

つまり、ある会社のブログサービスを使って、大量に作ったブログのIPはどれも似たようなものになるということです。

それらのブログから、まとめて、自分のサイトにリンクを張ると、検索エンジンから、それらのリンクの価値が低く評価されるという現象が発生します。

なぜそういうことが起きるかというと、検索エンジンには似たようなIPを持つサイトからのリンクの価値を下げる仕組みが備わっているからです。

過剰なSEO対策への、検索エンジンの防衛反応と言えるでしょう。

そこで、大量のリンクを集めるときは、できるだけIPを分散させたほうが良いということになってきます。

これをIP分散というふうに呼んでいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ