被リンク元サイトの分散について

被リンクを集める際は、被リンク元サイトの分散が重要であると言われます。

なぜなら、検索エンジンは被リンク元サイトが同一サイトであると認識した場合に被リンクの価値を下げるからです。

被リンク元の最も小規模な分散がドメイン分散です。

ただ、ドメインを分散しただけだと、IPが同じ可能性があり、不十分です。

さらに、IPアドレスまで分散すれば、検索エンジンから、異なるサイトと認識してもらえる可能性は高まります。

最近まではここまでやれば十分だったのですが、最近は、クラスCのIP分散が必要であると言われています。

クラスCとは何かというと、11.22.33.44というアドレスがあったときに、33の部分のことを言います。

クラスCでIPを分散させるとなると、異なる会社のサーバーを用意してサイトを開設するなどの工夫が必要となります。

クラスCのIP分散を検索エンジンが求めるのは、被リンク売買業者を排除するためと考えられています。

業者から被リンクを買う場合はどの程度被リンク元サイトの分散がなされているかよく確認するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ