被リンク元サイトの年齢にも注意

被リンクを増やすのであれば、被リンク元サイトの品質にも気を配る必要があります。

重複コンテンツや中身の無いコンテンツばかりのサイトから被リンクを得ていても、労力に見合う対価となりません。

良い被リンク元サイトの条件はいろいろありますが、条件のひとつとして、サイトの歴史の古さが挙げられます。

できたばかりの新しいサイトはページランクも0で、被リンクを受けてもあまり価値がなく、作られてから10年以上の歴史があるサイトはページランクも高く、被リンクの価値も高いです。

そもそも、なぜ、そのような評価になっているかというと、おそらく、検索エンジンは歴史の古さで信頼性を判断しているのでしょう。

長年に渡って運営を続けているということは、それだけコンテンツの量も多いでしょうし、多くの人に必要とされているということになるからです。

また、10年以上前はSEO対策というものが今ほど注目されていませんでしたから、その当時から存在することはスパムサイトではないということの証明とも捉えられます。

サイト年齢は簡単に調べられますから、被リンク元サイトの年齢をチェックしてみるのもいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ