SEOにおける被リンク対策の今後

簡単にまとめてしまえば、以前はGoogleに評価されるために被リンクを多数獲得する、ということが外部SEO対策とされていましたが、今後はユーザーが有意義だと感じる被リンクが間接的にGoogleの評価の対象になる、という変化がおきています。つまり、内部SEO対策の重要さが叫ばれてはいるものの、被リンクも重要事項であることにはかわらない、という証明でもあります。

ユーザーが有意義と感じる被リンクは、イコール「意味のある」被リンクということです。自演リンクの類いが一網打尽にされた経験から、完全なナチュラルリンクでなければならないという思い込みもありますが、意味があってユーザーのためになっているのであればその限りではありません。もちろんナチュラルにこしたことはないです。

そのナチュラルにリンクを集めようとする行動の極みがリンクベイティングといえます。リンクベイトは現時点で被リンク獲得効果がもっとも高いといっても過言ではありませんが、モラル面と継続性、サイト評価において今後どうなっていくかは見通せない部分も多いことは頭にいれておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ