キーワードを埋め込む昔のSEO対策

サイト運営者が検索エンジンでの上位表示を目指しSEO対策をしますが、検索エンジンの方も、悪質なSEO対策を施したサイトを上位表示させない工夫をしています。

SEO業者と、検索エンジンとの間でイタチごっこのようになってしまっています。

とはいえ、表示順位の決定権を握っているのは検索エンジンの方ですから、悪質なSEO対策は徐々に淘汰されていっています。

例えば、以前はページ内に人気のあるキーワードを人間には見えないように大量に埋め込むという手口のSEO対策がよく用いられていました。

fontタグを使って、背景色と同じにしてしまうというやり方が典型的でした。

そのようにすると、人間にとっての可読性は全く損なわれず、それでいて、検索エンジンに人気のキーワードと非常に関連度の高いサイトであるかのように錯覚させることができました。

しかし、現在ではそういった手法を検知するしくみが検索エンジンには備わっています。

悪質なSEO対策を施したサイトは検索エンジンのインデックスから削除される危険もありますから、検索エンジンを騙すようなSEO対策はしないよう気をつけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ