クローラビリティを高めるSEO対策

クローラビリティを高めることもSEO対策として重要なことです。

検索エンジンはリンクを次々とたどっていくことで、ページを収集しています。

したがって、検索エンジンがクロールしやすいように、サイト内のページからページヘのリンクを充実させることは重要です。

パンくずリストと呼ばれる、トップページから現在ページまでのページ過程を表示するしくみを導入すると、人間にとっても検索エンジンにとっても便利です。

自分のサイトへのリンクは常にトップページに張られるとは限りません。

どのページにユーザーや検索エンジンが訪れたとしても、サイト内を効率的に移動できるようにしておくことが大切です。

また、サイト内に1ページはサイトマップを用意するといいでしょう。

サイトマップがあれば、新規ページがクロールされやすくなります。

もし、古いページや、失敗したページがあれば、それらのページをアクセス可能な状態で放置することはおすすめできません。

robots.txtを用意することで、検索エンジンからのアクセスを制御できますので、余計なページはクロールさせないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ