クロールに注目したSEO対策

SEO対策の初歩の初歩の話ですが、検索結果の上位表示を目指すなら、そもそも、検索エンジンに登録されなければいけません。

しかし、自動的に動作している検索エンジンは一体どうやって、サイトの更新をチェックしているのでしょうか。

実は、検索エンジンはクロールと言って、サイトからサイトへのリンクをたどることで、次々とサイトの情報をチェックしていっているのです。

したがって、新しく作ったサイトであっても、既存のサイトからリンクを張られた時点で、検索エンジンに登録され、検索可能な状態となります。

多少、登録までのタイムラグはあるので、急いでいる人は、検索エンジンに直接登録依頼をすることで、すぐに登録することも可能です。

既存のサイトに新しいページを追加するときも、検索エンジンのクロールのしくみに着目することは大切です。

検索エンジンが新しいページを見つけやすいよう、既存ページから新規ページへの内部リンクを用意するようにするのもある種のSEO対策です。

そういったサイト構成を表示するリンクは検索エンジンにとってだけでなく、人間にとっても有用なものとなりアクセスアップにつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ