ページ数の確保というSEO対策

インターネットのホームページですが、ページ数の確保というものが大事になります。

基本的にどれだけのページ数が確保できるのかで検索エンジンの評価も変わってきます。

もちろんページ数が多ければいいほどいいというわけではありません。

100ページや200ページあっても評価されない場合もあります。

しかし、2ページや3ページしかないようなホームページよりは、

100ページや200ページある方が検索エンジンに費っとしやすいという事実も存在しているわけです。

少しでも多くのページを確保できるように、優良なコンテンツを確実に増やしていくべきでしょう。

さらに、一つの目安となるのが100ページです。

一つのページに毎日5アクセスあるとすると、100ページで500アクセスいただけるという計算になります。

それが毎日となりますと大きな効果を生むということが良く分かるのではないでしょうか。

ページ数ですが、1ページ当たり200文字や300文字では足りないことも多いです。

ある程度の文字数を確保したうえで、ページを増やしていくべきでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ