今は記事の質がSEO対策になる時代です

グーグルのパンダアップデートやペンギンアップデートで、昔より記事の質がSEO対策に影響するようになりました。要は、良い記事なら、以前より検索上位に表示されやすくなったのです。それまで検索上位を独占していたペラサイトは今、絶滅の危機です。ほとんど見かけなくなったのです。つまり、過剰な被リンクの構築だけでは、検索上位に食い込めなくなったと言えます。昔から良いコンテンツ、良い記事作成の為に努力をしてきた人達の時代がやってきたのです。

これは自然な流れでしょう。特にフェイスブックのようなSNSの勢いが増えた現状、大手検索サイトも危機感を持っています。グーグルのフェイスブックへの対抗心は、その例が顕著に現れています。今の時代、検索結果の上位サイトが質の良くないペラサイトばかりになれば、ネットユーザーはSNSにこもってしまいます。検索エンジンからフェイスブックのようなSNSにトラフィックが移行すると、どうなってしまうでしょうか。思い出してください。検索サイトは広告で食べています。

検索結果で表示されるサイトの質の低下は、検索エンジン利用者の減少につながります。結果、広告を打つクライアントが減り、検索サイトの利益も減少するでしょう。だからかどうかはわかりませんが、検索サイト側はより良い記事、コンテンツをたくさんネットに提供してくれるサイトを優遇するようになっています。という事で自然な流れにのってSEO対策をするなら、良質な記事をバンバンアップしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ