今後のSEO対策における被リンクの扱い

ペンギンアップデートも時系列でいえばかなり昔のことになるわけですが、当時のショックをひきずってか、SEO対策上、「自演リンクは全て悪」といったイメージを持っている人も多いようです。結論からいえばそんなことはありません。Googleがブラックハットとみなすのは、短期にお金で買い集めたような意味のないリンク、です。逆にいえばお金で買っていたとしてもそれが完璧なナチュラルリンクにみえていて、Googleが評価することもあるわけです。

また、明らかな自演リンクでも、サイト同士に関連性があり、リンクが意味をなしているのであればペナルティにはならないということは、Googleも発言していることです。例えば企業ページでよくみられる、特定の商品やキャンペーンに特化したサテライトサイトのようなページからのリンクはペナルティにならず、他運営者サイトからのナチュラルリンクに比べれば価値は落ちるかもしれませんが、プラス評価を受ける可能性もある、ということになります。

というわけで何が何でも自演リンクが駄目だと考えるのは早計です。コンテンツでナチュラルリンクを集めることは大事ですが、適切な意味と数において複数サイト運営し、リンクをし合うことは悪いことではないわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ