内部対策として意識したい文章の書き方

SEO対策には大別して内部対策と外部対策に分けることが出来ます。このうち外部対策についてはとにかく豊富な被リンクが求められるところですが、最近ではその質もより重視されるようになりました。

翻って内部対策としてもやるべきことも多いです。被リンクの質が問われているのと同様に、内部のコンテンツの質も重視されていると考えることは自然なことだと思います。

内部対策でよく言われるのがキーワードの出現率やh1、h2タグなどの設定などが挙げられます。これらについては最近のCMSを使用していればほぼ自動的に正しい適用が期待出来ます。

しかし本来これらの要素が検索エンジンに重視されているのはわかりやすく整理されたコンテンツの条件として認められているからです。文章の構成要素として欠かせないものです。

SEO対策として何か技術的な考察ばかりに陥りがちですが、ひとつの文章として閲覧者が読みやすい形というものを意識した時に、適切な見出し付けなどは自然と配置されるものだと思います。

そのことが結果的にコンテンツの充実につながり、内部対策になるのだと思います。被リンク資産といえども、閲覧者に情報を発信しているという意識が大切だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ