小規模なサイトのSEO的なテキスト量

SEO対策を考える上でテキスト量は大事なものになります。

大規模なサイトですと、サイト全体の文字数なども多くなりますので、

1ページごとのテキスト量はあまり気にしないでも良い場面が多くあります。

しかし、小規模サイトになりますとテキスト量は大事です。

1サイトで10ページくらいしなかない場合で、

1ページあたりのテキスト量が数百文字程度になりますと、

あまり検索エンジンから評価されないこともあります。

キーワードで検索に上手くヒットできないこともあります。

そこで小規模サイトに適したような、1ページのテキスト量ですが出来れば3,000文字弱は欲しいところです。

難しいのであれば1,000文字から2,000文字程度でよろしいです。

それくらいありますとキーワードも強化されますし、SEO対策的にもプラスになります。

ただし、一つのテーマでそれだけの分量のテキストを作成することは難しいです。

一つのテーマの一つのページを設定するのではなく、

2つから3つのテーマを加えて分量を豊富にしておく作戦もよろしいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ