昔より被リンクの価値が下がったという事は

ペンギンアップデートやパンダアップデート以降、被リンクの価値が大きく下がりました。被リンクはSEO対策で言うと外部対策です。その外部対策の花形である被リンクの価値が下がったという事は、内部対策の価値が上がったと言い替える事が可能です。相対的に見て外部対策が下がった分、内部対策の価値が高くなったわけです。つまりサイト内のコンテンツが良いと、それだけで検索エンジンから評価される確率が上がったという事になります。

ペラサイトよりもサイトの中身がしっかりしているサイトのほうが評価されやすいのは当然です。これは良い傾向です。ただサイトの記事を作る時、苦労する事になりそうです。楽しみながらサイト運営や記事作成が出来る方は良いでしょう。しかし、それが出来ていない方にとっては、今は厳しいかもしれません。何故なら、サイトの運営や記事の作成は、本来地味な作業であり、作業自体を楽しめないと続かないからです。ですから手っ取り早いSEO対策が一部で好まれるのかもしれません。

という事でサイトのコンテンツを作る時は、出来るだけ楽しみましょう。楽しんで作られた記事、またはコンテンツは訪問するネットユーザーにも熱気が伝わります。今はこれが一番のSEO対策と言えるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ