検索結果画面におけるSEO対策

SEO対策としては、検索結果画面での自分のサイトのクリック率にも注意を払う必要があります。

タイトル、URL、説明文が検索結果画面では表示されますが、これらは、サイト運営者が設定可能ですから、よく言葉を選んで設定するのが大切です。

しかし、せっかく、titleタグやdescriptionsメタタグを使って、タイトルや説明文を設定しても、ときどき、設定したとおりに表示されないことがあります。

設定したものが省略されたような形式で表示されるのはまだよいのですが、最悪の場合、全く無関係な語が検索エンジンによって自動的に表示されることがあります。

なぜ、そういった自動生成現象が発生するのかを正確に理解するのは、検索エンジンのアルゴリズムが非公開である以上、難しいことです。

グーグルの社員の説明によれば、タイトルや説明文の設定が、長すぎたり、短すぎたりする場合に、自動生成が行われる確率が高いとのことです。

また、同じようなタイトルを全てのページにつけたりしていても、自動生成が行われやすいとのことです。

タイトルや説明文の自動生成が行われているときは、自作のタイトルや説明文の質に問題があると考え、修正をした方がいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ