被リンク資産の多重化でSEO対策

外部的なSEO対策の基本としてサテライトサイトやブログを利用することは欠かせない手法です。ある程度内容の質を確保しつつも、基本的には数で勝負の要素が強いです。

ある程度の期間SEO対策に取り組んでいると自らが管理するサテライトサイトの数も膨大な数になってきます。ブログなどでは更新を重ねるものもあり、それ自体に経歴が積み重なっていきます。

検索エンジンの評価基準のひとつとしてそのサイトの利用履歴も加味されているとされています。長い期間に渡って情報の更新があり続けていることは積極的なサイトとして認められることになります。

このことはサテライトサイトであってもSEO効果を持っているものに育つことを意味します。SEO対策に当たっては被リンク資産の強化のためにそこへリンクを送るという場合も多いです。

すると本来は被リンク資産であったサイトが収益を生み出すサイトになる可能性を秘めていると言うことが出来ます。そのためにある程度は内容の質を考えておきたいところです。

場合によってはコンテンツの量を増やすなどしてより評価を得られるサイトに作り変えることも検討する価値はあります。相乗効果で収益性を高めることが期待出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ