SEO対策は内部施策がカギ!

現在のSEO対策で重要なのは内部施策です。これまでは外部リンクを張れば張るほど順位が増え、自動生成ツールで記事を量産すればサイトの価値があがる時代でした。しかし、パンダアップデート・ペンギンアップデートを皮切りに、そのようなSEOの事しか考えないサイトの評価はみるみる下がり、淘汰されるようになりました。

効果があるSEO対策は100以上にのぼりますが、その中でも着目したいのがTDK(タイトル・ディスクリプション・キーワード)と中身のテキストです。クローラーはより進化を遂げ、ついには共起語やリンク先の内容をもとにそのサイトが何について述べられているのかを正確に捉えます。つまり、ユーザー目線とクローラー目線が近くなってきているといえるのです。

タイトル・ディスクリプションはサイト内容と合っているか、そのサイトはユーザーに有益な情報を提供しているか、オリジナルの文章であるか、共起語をふんだんに使った具体性のある面白い文章か・・・など、まるでユーザーがサイトを評価するようにクローラーもサイトを見ています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ