descriptionメタタグによるSEO対策

SEO対策として、descriptionメタタグの設定が重要であることはあまり知られていません。

検索結果の画面でページのタイトルの下に表示される説明文があります。

descriptionメタタグで設定した内容が、あの説明文となるのです。

説明文はユーザーがそのページを訪れるかどうかを判断する材料として非常に重要なものです。

そのページの内容をぱっと把握できる文章であることが望ましいです。

しかし、そうは言っても、全てのページに異なるdescriptionメタタグを設定するのは多大な労力を要します。

どうしても設定が大変だという方におすすめの裏技は、あえて、descriptionメタタグを設定しないという方法です。

この場合、検索エンジンは自動で、ページ本文をつぎはぎして、説明文を生成してくれます。

この自動生成説明文はほぼ必ず検索ワードを含むものが生成されますし、下手にサイト所有者が作った説明文よりユーザーを惹きつける可能性もあります。

descritionメタタグを設定するかどうかは、ページ数や自分の文章力を見極めて、判断するようにするといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ