SEOの歴史と対策について

SEOの歴史は古く、検索エンジンというものが登場した1990年代中盤には、すでに登録が始まったと言われています。当時からウェブサイトを運営する人はエンジンがないと、自分のサイトを見に来てくれる人がいなかったため、検索エンジンの評価は高くなって行きました。

そのうち、サイトを作っていく人は自分のサイト内に「タグ」を埋め込むようになります。それが「metaタグ」と呼ばれるものです。metaタグは、「自分のサイトはこういうコンテンツを扱っていますよ」という指標になるキーワードをサイト内に埋め込むことで、検索エンジンに引っかかりやすくするというものでした。

特に現代においては、個人サイトや影響力の小さいサイトは、検索エンジンからの流入がなければ、ほとんど人に見てもらえないということもあり、多くのサイトでSEO対策が行われています。前述のmetaタグもその一つですが、とにかく、自分のサイトのキーワードを検索エンジン側で適切に判断してもらわないと、なかなか上位には来ません。

最も効果的なのは、他人にとって役に立つサイトを作り、その文章内のキーワードがmetaタグとかなりの部分で一致している場合なのです。そうすれば、たくさんの人が検索エンジンを使って自分のサイトに来てくれることになるので、「ためになるページ作り」を常に考えながらサイトを作っていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ