SEO対策か広告利用か

かつて自分のサイトを手っ取り早く多くの人に認知してもらおうと思った場合に、選択されるのは広告でした。特にリスティング広告は、ある意味「資金力のある一部のオーナー」にのみ許された特権でもあり、言葉は悪いですが指を加えてみているしかなかったオーナーが大多数で、実際に効果もかなりあると考えていいでしょう。

ですが、事実広告を使わずに、SEO対策だけで多数のトラフィックを獲得し、検索上位に君臨し続けるようなサイトも存在します。結局のところどちらを選んでも効果を出すことはできるわけですが、お金をかけなくてすむからと安易にSEO対策を選んでも壁にぶつかることは目にみえています。

SEO対策と広告の違いは、SEO対策ではサイトに呼び込む要素が「サイトの中身」であるのに対して、広告はあくまでも広告、宣伝のためにつくった広告文や見出しであるという点です。つまり、中身のないサイトが広告以上の効果を出すことは、どうしたってできないわけです。

それが、SEO対策で大事な点はコンテンツだといわれるゆえんですが、逆にいえばコンテンツが充実しているサイトであれば、広告費をかけずとも、SEO対策からのコンバージョンを高めることも可能だということになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ