SEO対策で記事を書く時は

SEO対策は昔と比べ内部対策が重要になってきています。内部対策というとサイト内のコンテンツです。記事です。記事を書く時は濃い内容を書くように努めましょう。濃い記事、濃い内容とは、何処のサイトにでも掲載されているような薄い情報ではない情報です。具体的には、自分しか知らないノウハウや裏ワザ、細かいほどの商品紹介、ユニークさなどです。他にも挙げればたくさんありますが、役に立つ情報が詰まった記事とイメージしてください。これは自分がネットユーザーの視点になるとわかるようになります。

5万円のギターを買う予定の方がいたとしましょう。その人がネットユーザーなら、5万円のギターを買う時、まずネットで購入予定のギターのレビュー、感想が掲載されているサイトをチェックするはずです。ギターじゃなければ、家電品でも構いません。数万もする商品を買ってから失敗したい人はいません。ですからネットで先に情報を探すのが一般的です。この探している人に向けた記事を書くのです。

訪問者が納得するような記事です。そのサイトの記事からギターが購入されるほどの記事です。それくらい訪問者を後押しする記事、このような記事を目指しましょう。このような記事はSEO対策になります。アフィリエイトを導入すれば、収入にもなります。記事の質が高ければ、長期間稼いでくれます。このような記事は作るまでは大変ですが、検索エンジンがちゃんと支持してくれます。つまり良いSEO対策になるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ