SEO対策とサイトの記事の書き方について

SEO対策を意識して記事を書く方法ですが、まずはこれ、あれ、それ、そのといった指示語の排除です。例を挙げると、これは今日購入したヘッドフォンです。といった文章ではなく、本日ソニーのHMZ-T2というヘッドホンを購入したのでレビューします。といったようにしたほうが良いのです。理由は、検索エンジンは曖昧さが好きではないからです。文章が曖昧、つまりその文章を読んでいるネットユーザーにわかりづらいと判断するのです。検索エンジン自体プログラムですから指示語が多いと、どのような文章が書かれているかを判断しにくいのです。今度ネットサーフィンする時は、サイトの記事の書き方を研究すると良いかもしれません。

SEO対策やアフィリエイト関連に力を入れているサイトは、他のサイトよりも具体的なキーワードを使って文章を書いていると気がつくでしょう。指示語の排除の次は、文章全体をわかりやすくしましょう。長文を書くのは構いません。テキスト量が多ければ、それだけ情報が詰まったサイトと認識される事が多いからです。しかし、無駄に長い文章は良くないです。まず読んでいるネットユーザーが、途中で飽きてしまいます。下手をすると他所のサイトに行ってしまいます。

長文を書く時は、まず頭に結果を書きましょう。その後、その理由を書く感じでライティングすると、最後まで読んでもらえる確率が上がります。そして次は、サイトのテーマに沿った記事を書く事です。アクセス解析を設置していたら、検索ワードの項目をチェックしましょう。この検索ワードをチェックすると、サイト毎の強いキーワードがわかります。そのキーワードで記事を書いても良いですし、そのキーワードと関連性のあるキーワードを使って記事を書いても良いです。これでサイト内のコンテンツに一貫性が生まれます。専門的なサイトとその記事はSEO対策上有利なのでアクセスが増えやすくなるというわけです。

ウェブにはウェブの文章の書き方があるので、それに従って記事を書きましょう。記事の書き方を変えるだけでも、SEO対策になるのです。基本的な事ですが、見逃していたらチェックしておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ