SEO対策におけるリンクの扱い

SEO対策ではリンクに注意する必要があります。

SEO対策ではリンクを内部リンクと外部リンク(被リンク)の2種類に分けて考えます。

内部リンクとは自分のサイト内に記述されるリンクのことで、外部リンクとは他サイトから自分のサイトへのリンクのことです。

検索エンジンが重視しているのはどちらかと言えば外部リンクの方です。

なぜなら、検索エンジンはサイトの信頼性の高さを、外部リンクの数と質によって評価しているからです。

大手のサイトからの外部リンクを得られれば、検索順位は一気に上がります。

しかし、内部リンクもまたSEO対策において大切なものです。

仮に、外部リンクを充実させて、検索エンジンから訪問者が多数、訪れたとします。

そのとき、内部リンクが充実していないと、サイト構成がわかりにくいために、訪問者のページ閲覧率やリピート率が下がってしまうのです。

SEO対策の究極の目標はアクセスアップです。

外部リンクと内部リンクの双方に力を入れることにより、確実なアクセスアップを目指しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ