SEO対策におけるリンクの重要性と危険

SEO対策で重要なのはやはりリンクです。

ページランクアップのために、多くの被リンクをもらうことも重要ですし、多くの被リンクをもらうために、発リンクを増やしアピールすることも大切です。

また、良質なコンテンツをつくりユーザーを集めるためにも、リンクを増やし、他のサイトとの連結のよいサイトづくりをすることは大切です。

しかし、リンクは重要である一方、落とし穴にもなりがちです。

例えば、1ページ内の発リンク数を増やしすぎると、検索エンジンからスパムサイトと疑われる危険性があります。

スパムサイトでなくとも、記事の正確性を重視して、引用を増やしていると、いつの間にか発リンク数が増えていることがありますから、注意しましょう。

1ページあたり多くとも発リンク数は30以下にしたほうが無難でしょう。

また、被リンクも一度に大量にもらいすぎるのは危険です。

仮に相互リンクで集めたリンクであったとしても、業者から購入した被リンクと検索エンジンに勘違いされる可能性があります。

業者からSEO対策目的で被リンクを購入する行為を検索エンジンは認めていませんから、何らかのペナルティを受ける恐れがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ