SEO対策における内部対策の大切さ

SEO対策は内部対策と外部対策に分けることができます。

被リンクを集めるのは外部対策にあたります。

被リンク集めがSEO対策として有名なこともあって、外部対策ばかりに注目が集まり、内部対策はおろそかにされがちです。

しかし、内部対策も外部対策同様、大切なものです。

例えば、内部対策としては、サイトの構造の見直しが挙げられます。

できるだけディレクトリ構造を単純にし、無駄に深くならないようにしたり、内部リンクを充実させたりします。

これらの対策によって、検索エンジンにとってクロールしやすくなり、サイトの更新が検索結果に反映されやすくなります。

また、検索エンジンにとってだけではなく、ユーザーにとってもいい影響をもたらします。

内部リンクの充実は、求めるページへのアクセスを簡単なものにしますし、浅いディレクトリ構造は求めるページに行くまでのクリック回数を少なくする効果が見込めます。

外部対策に夢中になっている方は一度、内部対策も見なおしてみるといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ