SEO対策のテクニックは淘汰されつつある

最近は、SEO対策のテクニックだけで、上位表示されているサイトがかなり減りました。一番わかり易い例がペラサイトです。ペラサイトとは1ページだけの商品紹介サイトの事で、数年までこのペラサイトが頻繁に検索結果に表示されていました。覚えている方も少なくないでしょう。でも最近はほとんど見かけません。そうです。ペラサイトは検索順位を大きく下げられたのです。つまり検索エンジン側は、内容の薄いサイトに被リンクだけ増やす行為を許さなくなったのです。

薄いサイトに被リンクを張り付けて検索順位を上げるのは、まさしくテクニックです。この手のテクニックは効率的かもしれません。収入を上げる点においては有効かもしれません。しかし、いつかは検索エンジンにスパムと認定されてしまうのです。今後は増々テクニックとしてのSEO対策は減っていくでしょう。穴を見つけてもすぐに塞がれるはずです。となると重要になってくるのが正攻法です。サイトの記事の質を高め、サイト内のユーザビリティを地道に改善する事がベストであり、一番堅実と言えるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ