SEO対策の最近の傾向について思う事

SEO対策の最近の傾向は、内部対策寄りです。今まではグーグルの被リンクが多いサイトは価値がある、という基準がありましたが、最近は変わってきています。まず被リンクでも、質の高い被リンクが重要視されるようになったのです。質の高い被リンクをわかりやすい言葉に変えると、自然なリンク、上位サイトからのリンク、関連性のあるリンクといったところです。外部からアンカーテキスト付きで貼られる被リンクは別です。ナチュラルリンクは獲得が難しい分、高く評価されます。

相互リンクでもサイトとサイトにとって、意味のあるリンクじゃなければいけないのです。ゲームのサイトにダイエットや車のサイトの相互リンクではだめという事です。ゲームのサイトの場合は、ゲームの攻略サイトやゲーム機の周辺機器のサイトとの相互リンクならOKといった感じです。このように被リンクも質が問われるようになったのです。ですから安易に外部対策が出来ない分、内部対策、つまりサイト内のコンテンツ勝負になっているのです。

今SEO対策を始める方は内部対策を重要視するとアクセスアップします。それと並行して相互リンクを増やす程度でも、個人のサイトなら十分なアクセスを引っ張れます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ