SEO対策は分析研究の力が試される分野

SEO対策はこの施策を行っておけばOKという分野ではありません。完全な答えが無いのです。これは当たり前の話なのです。SEO対策とは、検索エンジン対策です。検索エンジンのアルゴリズムが変われば、対策方法も同じように変わっていきます。ですから、数年前の対策が今通用するかというと通用しません。基本的な施策は通用しますが、テクニック要素の強い施策は無理な事が多いのです。ですからSEO対策は常に掴み所がないと言えます。そして、その人の分析や研究の力が試される分野とも言えるのです。これは実際に自分でサイトを運営し、SEO対策を行うとよくわかります。他のサイトに書かれた施策が自分のサイトにも通用するとは限らないと実感出来るようになるでしょう。

SEO対策の基本は同じですが、自分のサイトには自分のサイトなりの施策が必要になるのです。サイトの形式がまずみんなバラバラです。無料サービスのブログ、ホームページ、スマートフォン専用サイト、ポータルサイト、ワードプレスなどのCMSで作られたサイトといったように、サイトの形式も違えば、サイト内のテーマやジャンルも違うわけです。SEO対策にかけられるお金も管理人によって違うでしょう。こうなると自分のサイトに通用する施策を分析研究する他ありません。

例えばですが、一部の有名人や芸能人の方々が日記のブログを運営しています。これらの方々は有名、芸能という付加価値があるから、それ自体がSEOになっています。ですから日記というジャンルでもアクセスが増えるのです。それを一般の人が同じように行うと、アクセスが増えるかどうかを考えてみましょう。このように比較したり、サイト内の良い記事悪い記事の分析、そして訪問者の研究などを行うと、それは必ずSEO対策の効果となってアクセスアップに繋がります。SEO対策を検討されている方は分析しましょう。研究してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ