SEO対策は正しい文法で書くことから

SEO対策には、バックリンクやタイトルタグにキーワードを配置するなどの手法があります。しかし、それ以前に正しい文法でWEBページを構成されていることが重要です。SEO対策を大きく分けると、WEBページ内に施す対策とWEBページの外から施す対策がありますが、まずはページ内の対策は自分で出来ることなので足場を固めることが第一となります。

正しい文法とは何かということです。10年ほど前のHTMLの教科書には、多くの嘘が書いてありました。見栄えさえ達成できれば良いので、書いてあることが嘘とは言い切れない部分もありますが、文法的には間違った書き方や誤用が多く書かれています。独学でWEBサイトを構築する人は最近になって出版された書籍の利用を勧めます。また、ホームページ作成ソフトにおいてさえ間違った作り方をしている作成ソフトがあります。

初心者は何を信じて書けばいいのかと聞かれれば、W3Cという団体の勧告に従って書けばまずは大丈夫です。SEO対策という観点からは、W3C一辺倒では不利な点があります。しかし、間違った文法・用法で書くよりはずっといいということを知っていて損はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ